FC2ブログ
>
ヤブデマリ(藪手毬)  
2008/05/27(Tue)
  きょうも、大体晴れました。
  山の谷間に、ヤブデマリ(スイカズラ科)の花が咲いていました。米粒程の小花(雄蕊と雌蕊がある本物の花)の周りを、沢山の白い蝶(装飾花)が舞っている様でした。本州~九州の他、朝鮮南部、中国、台湾等の、山野の林縁、谷沿い等に生育する落葉小高木です。名は、薮に生え、花序が手毬の様な形をしている事に因ります。ムシカリ(オオカメノキ)に似ていますが、装飾花の花冠が四つに分れている様に見える事(五つに分れているが、一つは極端に小さい。ムシカリははっきり五裂)、ムシカリの葉の付根はハート型な事で区別できます。本州中北部の日本海側のものは葉が大きく、毛が少ないのでケナシヤブデマリとして区別されている様ですね・・・
  アオゲラの雌雄が、ピョーピョーと鳴き交わしながら、忙しなく木から木へ飛び移って行きましたよ・・・
ヤブデマリ アオゲラ♀ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゼンテイカ(禅庭花)   | メイン | サラサドウダン(更紗灯台・更紗満天星)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/381-b1dad3fa

| メイン |
ゆきかえる