>
四月観(視)察会
2017/04/09(Sun)
  きょうは朝から雨が降lり出したりして、不参加連絡が幾つもありましたが、始まる頃にはほぼ止んで、曇天の下の穏やかな観(視)察会になりました(7.6~14.3℃/北北西風)。改訂版の青葉山地図のお披露目や近況報告の後、早速出発です。道端には、ツクシやバッケ、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ミチタネツケバナ等が続き、カエデ類等木々の芽が展開し、春の息吹を感じます。見上げれば金尽くし、マンサクは益々金色に、コブシは金の鈴音を鳴らし、ケヤマハンノキやツノハシバミは金の鎖を無数に下げ、足元には金蘭とも見紛う春蘭に、寒菅達が金の刷毛を翳しています。山桜で一番早い、チョウジザクラもあちこちで床しく咲いていました。目当てのカタクリはと言えば、生憎花弁を窄ませたものが多かったのですが、頃合いは又と無く、何処までも無数の赤い灯火が輝く様でした。そして、こんな大勢で五月蠅くしているのに、あっとびっくり、目の前に若く美しい一頭、その後又毛色の違う一頭がと、カモシカが次々に現れ動転すると共に、とても嬉しくなりました。ショウジョウバカマやイワウチワの群落も、目にも胸にも沁み入る美しさでした・・・
キクザキイチゲ シュンラン カモシカ トウホクサンショウウオの卵のう観察
 他に花では、キクザキイチゲ、ワサビ、ナガハシスミレ、タチツボスミレ、ミヤマウグイスカグラ、セリバオウレン、ハンノキ、セイヨウタンポポ、ヒメカンスゲ、ヒカゲスゲ、アオスゲ、オクノカンスゲ等も咲いていました。動物では、沢にトウホクサンショウウオの卵濃が見られ、胚モ大きく育っていました。又、その近くに見慣れぬ黒い蛞蝓がいて、皆で不思議がったのですが、帰ってから調べてみると、これはヤマコウラナメクジと言い、環境省のレッドリストで準絶滅危惧、宮城県では2010年に奥新川で初確認されたものの、その後の生息状況は不明との事で、又一つこの山の貴重さが判る種が記録されました。昆虫では、一瞬アカタテハやイカリモンガと思われる蝶や蛾が飛び、野鳥では、ウグイスやシジュウカラが良く囀り、アオゲラやトビも盛んに鳴いて、他にコゲラ、メジロ、ヒヨドリ、エナガ、カワラヒワ、ハシブトガラス、キジバト等が確認されました・・・
ショウジョウバカマ 赤いチョウジザクラ 大切な小森の前で イワウチワ
 今回特筆された事は、昨年、各所で大きく”藪刈り”され、多くの希少種が失われた山道で、数百株はあったヒメフタバラン(昨年は一花も一株も確認できず)が、ほんの数株、数花でしたが確認できた事でした。他の多くの希少種は失われたままですが、この数株の希望が種となり花となって、以前の姿を蘇らせてほしいものです。その為にも、これまでの管理方法を改め、二度と「取り返しのつかない」過ちを繰り返さないでほしいものですし、私達も、少しでも未来に希望の持てる観(視)察会を続けて行きたいと思いました・・・
 来月は新緑の森の中、ルリソウ、ヒメシャガ、ヤマツツジ等の花々や、渡来したばかりの夏鳥達の囀りが見所・聞き所となる事でしょう? では又、5/14(日)にお会いしましょう!
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマコウラナメクジ(山甲羅蛞蝓 ) | メイン | シュンラン(春蘭)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3829-241c8918

| メイン |
ゆきかえる