>
タゴガエル(田子蛙)
2017/04/12(Wed)
   きょうは、雨後曇って晴間も出ました(6.5~13.0℃/西北風)。
   沢に、タゴガエル(アカガエル科)がいました。喉を覗くと黒く、卵を産みに来ている、お腹の大きな雌の様で、とても堂々としていました。本州~九州の主に標高2千m以下の森に生息する、体長♂3.5-4.5㎝、♀4.5-5㎝の蛙です。日本固有種。指趾の先端が膨らみ、後肢の水掻きは切込みが深く、趾先端まで発達しません。動物食で、昆虫、クモ、陸棲貝類等を食べます。基亜種は主として4-5月に伏流内や渓流周辺のある水溜り等に60-110個の卵を産みます。普段は森の林床等に生息していますが、繁殖期に雄は、渓流内の岩の隙間等に入り込んで鳴くので、声はすれども姿は見えず、「幻の蛙」等とも言われます。ヤマアカガエル等に似ていますが、喉に暗色斑紋があるのが特徴です。青葉山では、沢等に普通に見られます…
タゴガエル 柳青める
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エドヒガン (江戸彼岸) | メイン | ミツバアケビ(三葉木通・通草) の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3832-84107046

| メイン |
ゆきかえる