>
ヒメギフチョウ(姫岐阜蝶)
2017/04/16(Sun)
  きょうは、良く晴れて暑くなり、何と夏日になりました(9.8~25.5℃/西南西風)。
  林床に、ヒメギフチョウ(アゲハチョウ科)がいました。急激に環境が悪化した所為か、このところ中々見かけなくなっていますが、この「女神」との出逢いは、春の何ものにも代えがたい喜びです。中国東北部、ロシア沿海地方、朝鮮等に分布し、日本では北海道~中部の山地~低地の落葉広葉樹林に生息する、前翅長26-35㎜、開長48-65 ㎜程のアゲハの仲間です。成虫の翅は黄白色と黒の縦縞模様で、後翅の外側には青や橙、赤色の斑紋が並び、後翅には尾状突起を持ちます。ギフチョウに良く似ますが、前翅の一番前方外側の黄白色斑がずれず、他斑と曲線をなします。緩やかに低く飛ぶ事が多く、カタクリ、スミレ類で吸蜜。幼虫の食草はウスバサイシン、オクエゾサイシン(北海道と青森の一部)。別名は「春の女神」。近年全国的に激減し、環境省レッドリストで準絶滅危惧(NT))に指定。当地では、何ヶ所かに生息しますが、開発等で激減しています…
ヒメギフチョウ コブシの花々
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミズバショウ(水芭蕉) | メイン | リュウキンカ(立金花) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3836-a1db5fdb

| メイン |
ゆきかえる