>
アミガサタケ(編笠茸)
2017/04/18(Tue)
   きょうは雨後曇って、午後には晴れました(9.4~21.4℃/西風)。
   林縁の道端に、アミガサタケ(アミガサタケ科)が生えていました。誰に見せたいのか、円かったり三角だったりする網の帽子が、二つ三つつと並んでいました。北半球の温帯以北に広く分布し、日本では主に春、全国の林内地上のサクラ、モミ、トウヒ等の木の傍らに孤生、群生する、高さ7-15㎝程のキノコです。 傘はデコボコした網目状で、柄に直生。色は淡褐色、淡黒褐色、黄土褐色等で、内部は空洞で、その内部表面には粒上突起が見られます。柄は黄白色でやや根元が太くなります。柄も中空。肉はほぼ表面と同色で、弾力があります。欧州ではモリーユ、モレル等と呼ばれ、食用キノコとして特に好まれます。生クリームやバター等との相性が良いとされ、グラタンやシチュー等にされたり、ピザ、フライ、スープ、オムレツ等の素材としても良く利用されます。類似種が数多くあり、その多くは子実体に毒成分ヒドラジンを含む為、生食は避けるべきとされます。青葉山では、モミ等の林床に見られます…
アミガサタケ 雨上がりの青空
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スミレサイシン(菫細辛) | メイン | ミズバショウ(水芭蕉)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3838-83af9c13

| メイン |
ゆきかえる