>
モミジイチゴ(紅葉苺)の花
2017/04/26(Wed)
   きょうは、曇り後小雨が降りました(11.5~20.0℃/南風)。
  道沿いのモミジイチゴ(バラ科)が、咲いていました。清々しい純白の五弁花を、若葉と紅い芽鱗が一層引き立てていました。東日本の山地~丘陵の林縁や明るい林内に生育する、高さ2m程になる落葉低木です。全体に無毛で刺が多く、互生する葉はモミジ状に3-5中裂します。3‐4月に、白い5弁花を下向きに1個ずつ付けます。果実は橙黄色で熟すと食用になります。青葉山では、多くの生物達にとって大切な藪の主役となっていますが、「藪刈り」と称する自然破壊の標的になり、減少しています・・・
モミジイチゴ 黒森の窓
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)   | メイン | ムラサキケマン(紫華鬘)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3846-6552f41e

| メイン |
ゆきかえる