>
オオコガネネコノメソウ(大黄金猫の目草)
2017/04/29(Sat)
   きょうは、晴れ後曇りました(6.8~20.1℃/北風)。
  道端に、オオコガネネコノメソウ(ユキノシタ科)が咲いていました。日暮れの藪陰に、ドキドキする程の黄金花が、眼に沁み入る様に煌いていました。本州(宮城以南)~九州の、山地の沢。本州(宮城以南)~九州の、山地の沢沿いの湿性地等に生育する、草丈5-10㎝の多年草です。全体に毛が多く、葉は長さ1.5-3㎝の楕円~卵円形で、鋸歯数はf9-17個。4‐5月、鮮黄色の花(花弁に見えるものは萼片)を茎先に咲かせます。 コガネネコノメソウに良く似ていますが(毛が多く、走出枝の葉が大型で鋸歯数の多いのが識別店点)、近年は同一種とされる事も多い様です。宮城県が北限。青葉山では、沢沿い等に見られます・・・
オオコガネネコノメソウ 益々笑う山
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タヌキラン(狸蘭) | メイン | メジロ(目白)とミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3849-48e06eea

| メイン |
ゆきかえる