>
マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)
2017/05/04(Thu)
  きょうは、晴れたり曇ったりでした(10.8~19.6℃/北西風)。
  道端に、マルバコンロンソウ(アブラナ科)が咲いていました。小さいながらしっかりとした佇まいが、周囲に存在感を放っていました。本州〜九州の山地の林床や半日陰~日陰の渓流畔に生育する、草丈7-20㎝の越年草です。茎葉共に白毛が多く、葉は小短柄のある1-7個の裂片からなる奇数羽状裂葉で、長さ約13cm。葉柄基部には耳状の付属物があり、茎を抱きます。 裂片は円~卵形、基部は心形で、鋸歯は粗く鈍く、頂小片は大きく、長さ1-3cm。4-6月、短く毛のある総状花序を作り、花弁は倒卵形で白く、長さ5-7mmで、子房にも毛があります。長角果は密に毛があり、広線形で、長さ1.8-2.5cm。青葉山では、沢沿い等の所々に見られます…
マルバコンロンソウ 山桜点
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<シロバナイカリソウ(白花碇草・錨草) | メイン | シャク(杓) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3854-30431311

| メイン |
ゆきかえる