>
ルリソウ(瑠璃草)
2017/05/08(Mon)
   きょうは、大体晴れました(11.6~25.0℃/西北西風)。
   林床に、ルリソウ(ムラサキ科)が咲いていました。少し盛りは過ぎましたが、その名通りの瑠璃の花々に、桃、白、赤等のアクセントも麗しく、キラキラと宝石の様に輝いていました。北海道~本州中部の落葉樹林内に生育する高さ20-40㎝の多年草です。葉は長楕円形で、下部のものは根出葉より大きくなります。4-5月、5裂した鮮碧色の小花を総状に開き、蕾時は紅色を帯びますが、次第に名の通りの瑠璃色に変わります。開発や盗掘等で激減し、県レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。青葉山では、林内何ヶ所かに見られます・・・
ルリソウ 眩い影
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クロマルハナバチ(黒丸花蜂)とウワミズザクラ(上溝桜) | メイン | サクラソウ(桜草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3858-90bc08d6

| メイン |
ゆきかえる