>
ホタルカズラ(蛍葛)
2017/05/23(Tue)
  きょうも大体晴れましたが、少し涼しくなりました(16.4~21.8℃/南東風)。
  道端に、ホタルカズラ(ムラサキ科ムラサキ属)が咲いていました。蛍と言うより、高く掲げた手鏡に蒼穹を映じたかの様な青さでした。中国、朝鮮、ロシア極東部等に分布し、日本では北海道~沖縄の、山地~丘陵の林内や林縁の日当りの良い場所に生育する茎高15-25㎝の多年草です。全体に粗い剛毛があり、花期後に基部から横走する枝を出し、先端に新芽を付けます。葉は互生し、長楕円~狭長楕円形で柄はなく、堅い毛があってざらつきます。4-5月、茎先の葉腋に青紫色の5弁花を上向きか横向きに開きます。花冠は径約1.5㎝で先端は5裂し、瑠璃色の各裂片の中央には縦に白い隆起があり、萼筒は5深裂し、裂片の先は尖ります。 名は、点々と咲く瑠璃色の花を蛍の光に譬えたもの。別名ホタルソウ。全国的に植生環境変化や草刈り等で消滅し、各地でレッドリストに掲載。宮城県版でも準絶滅危惧(NT)に指定されていましたが…
ホタルカズラ 峠から
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ミズキ(水木) | メイン | ギンラン(銀蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3873-8bac75f8

| メイン |
ゆきかえる