>
エゴノキ(売子木・斉ご木)の花
2017/06/05(Mon)
   きょうは、曇り後晴れました(11.6~22.4℃/南南東風)。
  道沿いのエゴノキ(エゴノキ科)に、花が咲いていました。今頃になると、何処までも続いていた、見事な花のトンネルを思い出しますが(管理センタ―建設の際にほぼ皆伐)、それでも数本残る木の枝に、白雪の様な花々が一杯に垂れ下がって、花鉢達が飛び交うと、清しい鈴音でも聞えて来そうでした。北海道~沖縄の、比較的水分の多い山野に生育する、高さ7-15mの落葉小高木です。樹皮は肌理細かく赤褐色。葉は互生して、長さ4.5-8cmの楕円形。先端は鋭く尖り、基部は楔形で、浅い鋸歯があるか全縁。5-6月に、短い側枝の先に白花を1-4個下垂します。花冠は5深裂し雄蘂10。果実は灰白色の卵球形で、熟すと果皮が裂け、褐色で堅い1種子を出します。青葉山では、谷沿い等に見られます・・・
エゴノキ 海が青い
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノイバラ(野茨) | メイン | ヒカゲチョウ(日陰蝶)の蛹>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3886-07946216

| メイン |
ゆきかえる