>
ガマズミ(鎌酸実) とコアオハナムグリ(小青花潜)
2017/06/15(Thu)
   きょうは、曇り後晴れました(13.2~23.0℃/北風)。
   道沿いに咲いているガマズミ(スイカズラ科)に、コアオハナムグリ(コガネムシ科)がいました。良い香りに誘われてか、心地良さそうに花粉を食べていました。北海道~九州の山野の森の周辺や草原等に生息する体長11-16mm の甲虫。成虫は5-10月に出現し、花に寄って花粉等を食べる。体は産毛状の細毛に覆われ、緑~銅色の地に白い斑点模様を持つ。幼虫は腐食した木の中でそれを食べながら越冬し、翌春蛹になる。卵~成虫の期間は約1年。ガマズミは、北海道~九州の、山地~丘陵の明るい林や草原に生育する、高さ2-3mの落葉性低木。葉は10cm程の広卵~円形で対生し、低鋸歯があり、先は鈍頭か鋭尖頭、基部は広い楔形か多少心形。枝葉全体に毛があるのが特徴。5-6月、白い小花からなる花序を作る。秋に3-5mm程の果実を赤熟し、食用。青葉山では、両者共普通に見られます・・・
ガマズミとコハナムグリ 眩しい
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゼンテイカ(禅庭花)とクチブトカメムシ(口太椿象・亀虫)の幼虫 | メイン | キンモンガ(金紋蛾) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3895-c5472ab8

| メイン |
ゆきかえる