FC2ブログ
>
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
2008/06/05(Thu)
  きょうは晴れ後曇りで、夜には雨になりました。
 樅の混じる森に、マルバダケブキ(キク科)が咲いてました。向日葵にも見える大きくて黄色い花々が、薄暗い林床から胸の高さ程まで背伸びして、風に一斉に揺れ始めると、大勢のもののけ達が掲げる松明の様でした。本州中部以北の主に太平洋側と、近畿、中国、四国の一部の 、山地~亜高山の草地や林縁に生育する多年草です。 名は、丸い葉で高い山に生える蕗のような草の意。普通は深山に分布しますが、青葉山でもあちこちに群生が見られます。早春の枯れた森に現れる、瑞々しい葉の輝きにも魅了されますが、暗い森で出会う黄花の大群落には、胸がドキドキしてしまいます・・・
  いつものトビの巣のヒナが大分大きくなって、親と同じ位に成っていましたよ・・・
マルバダケブキ トビのヒナ
 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマボウシ(山法師) | メイン | ギンリョウソウ(銀竜草)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/390-7f40d33f

| メイン |
ゆきかえる