>
ヒメカバイロタケ(姫樺色茸)
2017/06/20(Tue)
   きょうは、晴れ時々曇りました(14.8~22.0℃/南東風)。
   道沿いの倒木に、ヒメカバイロタケ(クヌギタケ科)が生えていました。正に樺色の傘と橙色の柄が、波の様に押し寄せて、入陽の渚ににでも居る気がしました。北半球の暖帯以北に広く分布し、日本ではほぼ一年中(特に夏~秋)、北海道~沖縄の山野の朽ちかけた針葉樹の切株や倒木、立枯れ木等に群生します。傘は径0.8-2㎝程の釣鐘又は半球形から開いて少し平らになり、良く中央部が臍状に窪み、暗橙褐~橙黄色で周辺部は淡色、湿時には周縁に条線を生じますが、乾くと消えます。傘肉は極薄い紙質で、乾いても吸湿すれば復元します。柄は中空で、長さ0.5-1㎝、径1-1.5㎜程の強靭な軟骨質で、上部は暗赤褐色、下方に向かって黒褐色となり、基部には時に橙褐色の毛が散在します。無毒とされますが食用には向きません。青葉山では、朽木等に普通に見られます・・・
ヒメカバイロタケ 塔の岩
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マタタビ(木天蓼) | メイン | アカショウマ(赤升麻) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3900-396e3323

| メイン |
ゆきかえる