>
イチヤクソウ(一薬草)
2017/06/22(Thu)
  きょうは、大体晴れました(19.7~25.6℃/西北西風)。
  林床に、イチヤクソウ(ツツジ科イチヤクソウ属)が咲いていました。周囲に20数厘も林立していて、何処かの提灯祭りにでも入り込んだ様で、お囃子の音まで聞こえてきそうでした。北海道~九州の他、朝鮮、中国東北部等の、低山の明るい広葉樹林等の、やや湿った所に生育する常緑多年草です。葉は、長さ3-6cm、幅2-4cmの卵状楕円~広楕円形で、細鋸歯があり、葉柄は2.5-5cm、葉裏はしばしば紫色を帯びます。6-7月、葉間から伸びる15-20cmの茎先に総状花序を付け、3-10個の白花を下向きに咲かせます。花は径13mm程の広鐘形で花弁5。後、径6-7mmの蒴果になります。緑葉で光合成も行いますが、特殊な菌根に依存している事から、たとえ移植しても必ず消滅すると言われます。青葉山には他に、主に深山に自生し、葉が丸く白花に赤みがあるマルバノイチヤクソウも確認されています・・・
イチヤクソウ 夕陽.
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イヌツゲ(犬黄楊・犬柘植)の花 | メイン | マタタビ(木天蓼) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3902-bb05302a

| メイン |
ゆきかえる