FC2ブログ
>
ヤマボウシ(山法師)
2008/06/06(Fri)
  きょうは雨後曇って、午後には晴れ上がりました。
  小雨が降る山肌に、ヤマボウシ(ミズキ科)の花が咲いていました。体中に雨粒を一杯溜めて、森のてるてる坊主達が「はぁやく天気になぁーれぇ」って言っている様でした。本州~沖縄の他、朝鮮、中国等の、山地の谷筋等に生育する落葉高木です。名は、真中の丸い花穂を坊主頭に、四枚の白い花弁に見える総苞を頭巾に見立て、比叡山延暦寺等のの「山法師」に準えました。 赤い果実は食べられますし紅葉も綺麗なので、良く庭木として植えられ、材は器具材等として用いられます。似ているハナミズキ(アメリカヤマボウシ/米原産)は、果実が集合果にならずに分離しています・・・
  今朝の青葉城址は、濃い霧に包まれていましたよ…
ヤマボウシ 霧の青葉城址 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キンラン(金蘭) | メイン | マルバダケブキ(丸葉岳蕗) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/391-b9a3de58

| メイン |
ゆきかえる