>
七月観(視)察会
2017/07/09(Sun)
  きょうは、良く晴れて暑い観察会になりました(22.2~33.0℃/南東風)。
  近況報告や、コースの説明等があった後早速の出発です。直に、チラシでも紹介の、池に飛ぶ瑠璃色のオオルリボシヤンマや真赤なショウジョウトンボに出会って感嘆し、バタフライガーデンでは、イチモンジチョウやメスグロヒョウモンの♂、キタキチチョウ等を観察、ホタルブクロの鮮紫色にも感銘しました。森の入口では、ヒミズの死体や、シデムシ、キマワリ、ハサミムシ他にも出会い、森に入ると、ニイニイゼミ等の蝉時雨、ホトトギスやウグイスの鳴声の下、気温は疾うに30℃を超えていましたが、5℃は違うかと思う程の涼しさで、バイカツツジやオカトラノオ、ミヤマタムラソウ、ムラサキシキブ、ミツバツチグリ、ハエドクソウ、キツネノボタン、ギンリョウソウ等が咲き群れ、コウスノキ、ニガイチゴ、モミジイチゴ、ヤマグワ、ナツハゼ、ウワミズザクラ等の実が目立ち、イチヤクソウやウメガサソウも実になっていました。ヤマカガシの子供や飛び出したヤマアカガエルにもびっくりしましたね。食菌は少ないものの、ヒメカバイロタケ、ホコリタケ、カワリハツ、粘菌の仲間等のきのこ類も多く見られました。
猩々蜻蛉♂. 蛍袋 森は涼し 日笠の下の梅花躑躅
 花では他にエゾアジサイ、チダケサシ、ヒメキンミズヒキ、ウマノミツバ、オオバジャノヒゲ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、ドクダミ、オニタビラコ、マムシグサ等が見られ、今にも咲きそうなヤマユリやクルマユリ、オニノヤガラにも出会いました。果実では他にヒメコウゾ、ツリバナ、ヤマザクラ、ツクバネ、エゴノキ等が生っていました。キノコではヒトクチタケ、エセオリミキ、フサヒメホウキタケ等が見られました。野鳥では、キビタキの囀りがあちこちで聞かれ、他にアオゲラ、メジロ、シジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、イワツバメ、スズメ等が確認されました。動物では、テンの糞やリスの食痕、カモシカ、ツキノワグマの痕跡があちこちで見られました。昆虫では、花に群れる花虻や花蜂(トラマルハナバチ等)、クマバチ、シオヤアブ、セアカツノカメムシ、カマドウマ、様々な毛虫、芋虫等にも出会いました。きょうは、暑い中なので、ゆっくりめの観察となりましたが、今回も様々な新鮮な出会いがありましたね・・・
 尚、会後は宮教大で「総会」があり、会の方針等が話し合われ、取り決められました。今後どんな会になろうとも、青葉山の自然を守り、次世代に引き継ぐ意思に変わりはがあってはなりません・・・
ヤマカガシの子ども 鬼の矢柄はまだこんな 暑かったけど楽しい!. 銀竜草
 来月(8/13)は会としてはお休みですが、私的には歩く予定です。調査・確認が主となりますが、蝉時雨の下、様々な出会いがあることでしょう・・・?
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ルリシジミ(瑠璃小灰蝶) | メイン | タンザワサカネラン(丹沢逆根蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3920-bf4e250e

| メイン |
ゆきかえる