>
キカラスウリ(黄烏瓜)の花
2017/07/14(Fri)
  きょうは、晴れ時々曇りで、夜に雨が降りました(24.2~31.7℃)。
  河原のキカラスウリ(ウリ科)に、花が咲いていました。雄株の雄花でしたが、精細な切紙細工の様な白花が、川風に吹かれて震えていました。北海道(奥尻島)〜九州の山野の林縁や藪等に普通に生育する、雌雄異株の蔓性多年草です。葉の表面にはやや短毛があり、濃緑色で光沢があります。花期は7-9月頃で、萼花冠の裂片の先が広がり先端が長い糸状になる花(雌花は1個、雄花は穂状に数個)を夕方~朝に開花します。果実は長さ約10㎝で、名の通り黄色く、良く似たカラスウリ(赤い/宮城県南が北限で県レッドリストに記載)と異なります。種子は柿の種に似ています(カラスウリはカマキリの頭に)。根は、生薬の栝楼根(カロコン)として、解熱、止渇、消腫等に使われ、その澱粉は天花粉になります。青葉山では、藪地等に普通に見られます・・
キカラスウリ 日没間近
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヤブカンゾウ(薮萓草) | メイン | ヒメコウゾ(姫楮)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3925-fd13716c

| メイン |
ゆきかえる