>
クワカミキリ(桑髪切)
2017/07/20(Thu)
  きょうは、晴れ時々曇りました(22.0~29.3℃/南東風)。
  桜の木に、ミヤマカミキリ(カミキリムシ科)がいました。久し振りに見て、昔を思い出して捕まえようとすると、思いの外素早くて、あっと言う間に飛び去りました。本州~九州の、山地~低地の森林等に生息する、体長32-45㎜の大型のカミキリムシで、全身に灰黄褐色のビロウド状の微毛が生え、上翅基部には黒い顆粒があるのが特徴です。成虫は、5-8月に出現し、クワ、イチジク、ビワ、ケヤキ、ブナ等の若枝を食べ(害虫ともされ)、灯火にも良く飛来します。幼虫は各種広葉樹を木の中から食べて育ちます。青葉山では、街灯下等に見られます…
  尾根道の道標で、カジカガエルが休んでいました…
クワカミキ 道標のカジカガエル
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<< コガネタケ(黄金茸) | メイン | ヤマユリ(山百合) >>
コメント
- クワカミキリ -
すっかり勘違いしていました;o;。
ありがとうございます。書きかえましたが・・・
また、よろしくお願いいたします。。。
2017/07/24 23:13  | URL | てん #-[ 編集]
- 初コメします -
青葉山は都会のイメージが強く,あまり散策したことがありませんがいろいろな生き物がいるんですね。画像のカミキリは「クワカミキリ」に見えますが、クワカミキリの方がミヤマカミキリより珍しいですね。
2017/07/24 21:59  | URL | ぶなちろ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3931-1520582a

| メイン |
ゆきかえる