>
コガネタケ(黄金茸)
2017/07/21(Fri)
   きょうは、大体晴れました(22.8~31.8℃/南南東風)。
  道端に、コガネタケ(カブラマツタケ科コガネタケ属)が生えていました。名の通り、黄金色のキノコが、ぽつんと二つ並んでいました。北半球に広く分布し、日本では夏~秋、全国の山野の林地、草地、路傍等の地上に発生する腐生菌です。全体は黄金~黄土色の粉に覆われ、傘は直径5-18㎝程で、粉の下の表皮は粉色より淡色。傘は半球型~平開しますが、中心部は丸みは残したままです。襞は上生又は離生し、密、幼菌時は淡黄色、成長するにつれ黄土色になります。束は傘と同様に黄金色の粉に覆われ、上部に鍔が残り、鍔色は黄白~黄褐色になります。肉は白又は薄黄土色で、特有の汗臭い様な匂いがします。粉を落とせば食用となりますが、胃腸系の中毒を起こす場合があるとの事。別名キナコタケ他。青葉山では、崖地等に群生、散生、リスが粉塗れで食べているのも見かけました…
コガネタケ_あづい
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フクロウ(梟)の幼鳥 | メイン | クワカミキリ(桑髪切)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3932-df5bc15d

| メイン |
ゆきかえる