>
コクワガタ(小鍬形)
2017/07/23(Sun)
  きょうは、曇り時々雨が降りました(23.2~27.5℃/南風)。
  小楢の木に、コクワガタ(クワガタムシ科)がいました。樹液も出ていなさそうな幹に、「小」とは思えぬ立派な風貌で、風に吹かれていました。東アジアに広く分布し、日本では北海道~九州等の、主に低山帯の雑木林に生息する体長♂17 - 54.4㎜、♀21.5 - 33㎜の小-中型のクワガタムシです。成虫は5-9月に出現し、クヌギやコナラ、ミズナラ、ヤナギ、オニグルミ等の樹液に昼夜集まり、朽木中に潜み、灯火にも集ります。卵~成虫の期間は約2年で、幼虫は各種広葉樹の朽木で見られます。スジクワガタ等に似ていますが、大顎前方に内歯を一つだけ持つのが相違点で、内歯が全て消失した小型個体もあって、且ては「ヒメクワガタ」として別種と考えられていました。青葉山では、長い期間に最も普通に見られるクワガタです・・・
何故か生えてしまった紫陽花が、沢に零れる様に倒れていました・・・
コクワガタ♂. 何故か沢に零れる紫陽花
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クルマユリ(車百合) | メイン | フクロウ(梟)の幼鳥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3934-5cf8e0a7

| メイン |
ゆきかえる