>
アオダイショウ(青大将)
2017/07/26(Wed)
  きょうは、大体晴れました(21.2~29.4℃/南東風)。
  道端に、アオダイショウ(ナミヘビ科)がいました。所謂緑系淡色個体で、眼が合って暫しじっとしていましたが、するすると草叢に消えて行きました。北海道~九州の低山~平地の森、草原、水辺や人家周辺等に生息する、全長110-200cmの日本産では最大の蛇です。体色は褐色を帯びたオリーブ色で、その名の通り全体に青味があります。幼蛇は灰~クリーム色の地に横班が並び、ニホンマムシに似ています。ネズミ類等小哺乳類、小鳥やその卵等を食べます。無毒で性質は穏やか。青葉山では、草地、林縁、川沿い等で見られます・・・
アオダイショウ 光る森.
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 動物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ゴボウゾウムシ(牛蒡象虫) | メイン | オニユリ(鬼百合)とコガネグモ(黄金蜘蛛)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3937-7bb2dae6

| メイン |
ゆきかえる