>
ノイバラ(野茨)の花
2008/06/09(Mon)
 きょうも概ね晴れて、暑くなりました(17.1~26.5℃)。
 藪の中の至る所に、ノイバラ(バラ科)が咲いていました。辺り中に漂う芳香は甘い香水の様ですが、中でも数株混じる薄紅色の花群れは、姿も香りも正に薔薇そのものでした。北海道西南部~九州の他、朝鮮、中国等にも生育する蔓性の落葉低木です。現代バラの原種の一つですし、あの、「童は見たり、野中のバラ(ゲーテ作詞でシューベルトやウェルナー作曲)」で有名なノバラは、このノイバラ(野薔薇と書いてノイバラとも読む)の近似種とも言われます。青葉山には、葉の表面に艶があって海辺に多い、別種のテリハノイバラも自生しています ・・・ 
ノイバラ 八木山橋から見下ろす竜ノ口の清流 
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<サイハイラン(采配蘭)咲き出す | メイン | 地下鉄東西線工事についての再質問状への仙台市の回答 >>
コメント
-  -
お返事をありがとうございました。
トゲがあったんですね。
花を見てるだけで、なんにも気がつかないなんて、
おバカですよねぇ。
又教えてください。
2009/06/05 23:32  | URL | メイ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/394-1b4fe359

| メイン |
ゆきかえる