>
キハギ(木萩)
2017/08/02(Wed)
    きょうは、曇り後晴れました(20.2~25.9℃/南東風)。
   川岸に、キハギ(マメ科)が咲いていました。涼しいながら、夏に相応しい、浴衣地の様な柄が、一層爽やかにしてくれました。本州~九州の山野の日当りの良い所に生育する、高さ1-3mの落葉低木です。枝に微毛が密生し、葉は3出複葉で互生し、小葉は長卵形又は長楕円形。表面は無毛で裏面に毛があって先は尖ります。7-9月、葉腋から総状花序を出し、1㎝程の蝶形花が下から咲き上がります。花は黄白色で旗弁の中央と翼弁が紫紅色を帯びます。青葉山では、この時季真先に咲き始める萩で、川沿い等に多く見られます・・・
きはぎ. 賢渕.
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クサギ(臭木)の花 | メイン | ヤブデマリ(藪手毬)の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3944-4f87b478

| メイン |
ゆきかえる