>
アカイボカサタケ(赤疣傘茸)
2017/08/11(Fri)
  きょうは、曇り後雨が降りました(18.8~20.5℃/北東風)   
  道沿いに、アカイボカサタケ(イッポンシメジ科)が生えていました。何故かあっちにもこっちにも、小さな紅い傘が無数に現れて、何処かへと続く灯道を成していました。東~東南アジア、北~中米やマダガスカル等に分布し、日本では夏~秋に、全国の各種林内等の腐葉、腐植上に発生する小型菌です。全体に朱紅~肉色で、柄は繊維状でしばしば捩れます。傘は径1-4㎝の円錐~円錐鐘状で、中心に突起があり、名の由来になっています。湿時傘周辺部に放射状の線が現れ、襞はやや疎ら。柄は長さ5-10㎝で中空。食毒不明。青葉山では、赤、黄、白の近似3種が、林内に普通に見られます・・・
アカイボカサタケ 崖の上から
スポンサーサイト
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キツネノカミソリ(狐の剃刀) | メイン | ソライロタケ(空色茸)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3953-c4a321f8

| メイン |
ゆきかえる