FC2ブログ
>
八月観(視)察会
2017/08/13(Sun)
  きょうは第2日曜の観(視)察会。と言っても、8月は「会」としてはお休みなので今回も有志で漫ろ歩きしました(雨後曇って、後晴れ後夜は雨/20.9~26.4℃/南南東風)。曇天の心地良い空の下、蝉時雨の中を出発です。睡蓮の池では、オオルリボシヤンマが産卵中で、他にオニヤンマ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、アオイトトンボ、クロイトトンボ等が飛び交っています。道沿いには、タマゴタケ等大小多くのキノコが発生し、ツクシハギやミヤギノハギも咲き始め、クサギやクズの花が香り、蝶庭には、モンキアゲハ、クロアゲハ、ダイミョウセセリ、コミスジ、ミスジチョウ、オオスカシバなどが飛び交っています。森に入ると、ヤマジノホトトギスやヒヨドリバナ、ダキバヒメアザミ、カノツメソウ、オニノヤガラ、ツルリンドウ、コバギボウシ、ヒメキンミズヒキ、ヤブハギ等が咲き、何と言ってもこの時季、真紅に燃えるクルマユリが、身も心も癒してくれる様でした。実ではウスノキやクマヤナギ等の実が目立っていました。久し振りに陽射しが注ぐと、エゾゼミ等の蝉時雨が一層賑やかに、樹液の木には、アオカナブンやカナブン、スジクワガタ、クロヒカゲ、オオヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、チャイロスズメバチ等々が見られました・・・
タマゴタケ. 蕃山方面を望む クマヤナギ. くりくり
 花では他に、ハエドクソウ、キンミズヒキ、オオハンゴンソウ、キツネノボタン、ガンクビソウ、サジガンクビソウ、ヒルガオ、ヘクソカズラ、ツユクサ、シラヤマギク等が咲いていました。果実では他にツノハシバミ、シラキ、ウワミズザクラ、エゴノキ、ツクバネ、ヤブデマリ、クリ等が見られました。昆虫では他に、ミカドフキバツタ、ルリシジミ、キタキチョウ、カラスアゲハ、マドガ、ベニシタバ、オオセンチコガネ、スミナガシ、アシグロツユムシ等の幼虫等、キノコでは他にヒメカバイロタケ、アカイボカサタケ、シロイボカサタケ、シロオニタケ、ホコリタケ、ノウタケ、ハイカグラテングタケ、クサハツ、ヒトクチタケ、ドクベニタケ、ニガイグチモドキ、アカヤマドリ、モミジタケ等、動物では、道に飛び出すヤマアカガエル、タゴガエル、ヤマカガシ、トウホクサンショウウオの幼生、ツキノワグマの爪痕等に出会いました。野鳥では、アオゲラ、コゲラ、シジュウカラ、ウグイス、ヒヨドリ、イワツバメ、ツバメ、ハクセキレイ、トビ、ハヤブサ、ガビチョウ等が確認されました。きょうは久し振りの晴れ間となり、とても気持ちの良い会になりましたが、"藪刈"の後、踏痕により益々広がり荒廃する道や、イノシシによる希少植物自生地の破壊(ぬた場他)等を再確認し、何とか解決策を見出さねばと痛感する会ともなりました・・・
コバギボウシ. クルマユリ. オオルリボシンマ 道が川になりまた道が広がる
  来月(9/10)は、キノコ中心の観察会になりますが、勿論、自然全般を観察しましょう!では又、よろしく・・・
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オナガアゲハ(尾長揚羽) | メイン | キツネノカミソリ(狐の剃刀) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3955-ed0f9987

| メイン |
ゆきかえる