FC2ブログ
>
ヤマトシジミ (大和小灰) とオオハンゴンソウ(大反魂草)
2017/08/23(Wed)
   きょうは、本当に久し振りに晴れました(23.7~32.6℃/西風)。
   森の入口のオオハンゴンソウ(キク科)に、ヤマトシジミ(シジミチョウ科)が止まっていました。同じ花に3頭も4頭も群れて、実に楽しそうに戯れていました。本州~沖縄の主に平地の路傍や耕作地周辺等に生息する前翅長9-16mmの蝶。成虫は3-11月に年5-6回発生し、翅表は雌は黒く、雄は明るい水色で縁は黒く、翅裏は薄灰地に黒斑がある。幼虫の食草がカタバミなので人家周辺でも最も普通に見られる。越冬態は蛹。大反魂草は、明治期に北米から渡来した帰化植物で、全国の道端、荒地、畑地、河川敷、湿原等様々な環境に生育する、高さ50-300cmの多年草。根株から茎を叢生し上部で分岐し、下部の葉は長柄があり5‐7深裂し、裂片には粗い鋭鋸歯があります。7‐9月に、茎先に細長い花弁10-14枚程の黄花を、やや垂れ下げて咲かせます。両者共、青葉山では車道沿いや大学構内等に見られます・・・
ヤマトシジミとオオハンゴンソウ 晴れました!.
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オオスカシバ(大透翅) | メイン | ガガイモ(蘿藦、鏡芋)の花 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3965-13c41377

| メイン |
ゆきかえる