FC2ブログ
>
ナスコンイッポンシメジ(茄子紺一本占地)
2017/08/29(Tue)
   きょうは、曇り後晴れて、暑くなりました(22.3~30.9℃/南東風)。
   道端に、ナスコンイッポンシメジ(イッポンシメジ科)が生えていました。初め黒かと思いましたら、良く見れば茄子色の、美味しそうにも見える茸が、あちこちに佇んでいました。夏~秋に、広葉樹林又はアカマツ混成林等の林床に単生、散生する、傘径4-6㎝の小~中型菌です。傘は初め半球形で後にほぼ平に開き、表面は暗紫~暗青紫色で細かな鱗片に覆われます。襞は柄に湾生~離生しやや粗く、初めは白く後に淡紅褐~肉色になります。 柄は下方が太まり傘と同色かやや淡く、傘と同様の細鱗片で覆われ、基部は白い菌糸に覆われます。青葉山では以前は希でしたが、最近は比較的普通に見られます。良く似たコンイロイッポンシメジは柄が上下同径で根元は白くありません・・・
ナスコンイッポンシメジ 尾根道
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オカモノアラガイ(陸物洗貝) | メイン | トチバニンジン(栃葉人参) の果実>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3971-40083026

| メイン |
ゆきかえる