FC2ブログ
>
キンケハラナガツチバチ(金毛腹長土蜂)
2017/09/02(Sat)
   きょうは雨後曇って、晴間もありました(16.7~22.8℃/北北東風)。
   道端のナンブアザミ(キク科)に、キンケハラナガツチバチ(ツチバチ科)がいました。初めはアシナガバチの仲間かと思いましたが、良く見れば名の如く、艶々で長い腹に金毛の、とても美しい土蜂でした。本州以南の山野に生息する、体長が♀17-27㎜、♂16-23㎜のツチバチの仲間です。成虫は4-10月に出現し、全身に黄毛が生え、雌の体色は黒く、頭部・胸部は黄褐~赤褐色の長毛が密生、腹部に黄褐色の毛帯がありますが、帯紋はありません。雄の腹部には、幅広の淡黄色帯紋があり、後縁には淡色の毛帯があります。雄は体がより細長く、体毛の色が雌より白っぽく、触角は長い(雌の3倍程)。土の中に巣を作り、幼虫はコガネムシの幼虫を食べて成長します。攻撃性は低く、捕まえたりしない限りは刺される事はないとの事。雌のみ成虫で越冬します・・・
キンケハラナガツチバチ 遠陽
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キタキチョウ(北黄蝶) | メイン | ホツツジ(穂躑躅) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3975-9ae2413d

| メイン |
ゆきかえる