FC2ブログ
>
コサメビタキ(小鮫鶲)
2017/09/17(Sun)
    きょうは、曇り後雨になりました(10.5~22.1℃/南東風)。
    森の道を小鳥が横切りました。止まった先を見ると、コサメビタキ(ヒタキ科サメビタキ属)が、愛くるしい眼でこちらを眺めていました。夏にシベリア南部、朝鮮半島、ヒマラヤ山脈等で繁殖し、冬はユーラシア大陸南部、インドネシア、フィリピン等へ南下し越冬、日本には夏に九州以北の山地~平地の落葉広葉樹林に飛来する、全長13㎝のヒタキの仲間です。雌雄同色。上面は灰褐色、下面は白い羽毛で覆われ、体側面は褐色みを帯びます。眼の周囲に不明瞭な白斑(アイリング)が入り、眼先も白っぽい。嘴は黒く、下嘴基部は橙色み。幼鳥は上面や翼に淡褐~淡灰色の斑紋が入ります。動物食で、樹先等に止まり、飛翔している昆虫等の獲物を捕食。良く似たサメビタキは本州と北海道の高山に飛来し、コサメビタキより胸が暗色。青葉山では、夏場の他、春、秋の渡りの時季にも良く見られます・・・
コサメビタキ 雨の隅櫓.
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チヂミザサ(縮笹) | メイン | マユタテアカネ(眉立茜) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3990-ac17c9ee

| メイン |
ゆきかえる