FC2ブログ
>
カエンタケ(火焔茸)
2017/09/21(Thu)
  きょうは、良く晴れました(17.9~26.3℃/西北西風) 
   枯れかかった小楢の根元に、カエンタケ(ボタンタケ科トリコデルマ属)が生えていました。地中から悪霊が手を伸ばしたかの様に、毒々しい真赤な指が天を指していました。中国やジャワ島等に分布し、日本では夏~秋に、ブナやナラ類の林内地上や広葉樹の枯れた切株等に群生又は単生する、高さ数㎝-20㎝程にも成る猛毒菌です。表面はオレンジ~赤色で、細長い円柱状又は棒状で、鹿角状、又は人の指状に枝分かれし、先端に近付く程やや色が濃くなり、肉は硬く、内部は白色。近年は、カシノナガキクイムシによる楢枯木の根元に良く発生し、その被害が広まるにつれて発生か増加しています。以前は木材腐朽菌等とされていましたが、菌寄生菌であることが判り、ニクザキン科ツノタケ属からボタンタケ科トリコデルマ属に分類を変更されました。最強の猛毒キノコとも言われ、 毒成分トリコテセン類を有し、肌に触れただけでも炎症を起こし、誤食すると、食後30分から、発熱、悪寒、嘔吐、下痢、腹痛、手足の痺れ等の症状を起こし、2日後に消化器不全、小脳萎縮による運動障害等脳神経障害により死に至る事もあります。名は、火焔に似る事に由来。青葉山では、以前は希少種でしたが楢枯れに伴い急増し、昨年からは普通に見られる様になりました。危ない茸です、触る事も無い様十分に注意しましょう…
カエンタケ 夏の陽射し
スポンサーサイト



この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アシグロツユムシ(脚黒露虫) | メイン | ヒガンバナ(彼岸花)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/3994-05d61c94

| メイン |
ゆきかえる