FC2ブログ
>
ハナニガナ(花苦菜)
2008/06/14(Sat)
 きょうも良く晴れましたが、朝の地震は怖かったですね。丁度山にいましたが、地面と共に木々がゆさゆさ揺れて、枯木だか何だかがバサバサと落ちてきました。皆さんは、大丈夫でしたか? 被害に合われた皆様には、心からお見舞い申し上げます・・・ 
  遊歩道沿いのあちらこちらに、ハナニガナ(キク科)が咲いていました。小さな花ですが群落は見事なもので、風が吹く度に金の星々が煌く様でした。北海道~九州の他、朝鮮、中国、モンゴル等の、山野の日当たりの良い所に生育する多年草です。ニガナの変種であるシロバナニガナの黄色種とされ、花弁が5枚のニガナに対して、7-12枚と多いのが特徴です。写真では7枚に見えますが、8枚や10枚のものもありました。名は、花が目立つニガナ(苦菜=葉や茎から出る乳液が苦い菜)の意で、別名のオオバナニガナは、ニガナより花が大きく見える事に因る様ですね・・・
 近くには、ニガナもシロバナニガナも咲いていましたよ・・・
ハナニガナ シロバナニガナ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ムカシヤンマ(昔蜻蜒) | メイン | ナツハゼ(夏櫨)の花 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/400-714acf3b

| メイン |
ゆきかえる