FC2ブログ
>
ゴマナ(胡麻菜)
2017/10/06(Fri)
  きょうは、晴れ後曇りました(11.4~18.5℃/南南東風)。
  道沿いに、ゴマナ(キク科)が咲いていました。大人の背丈程もある株が連なり、遠目には雲竜の趣ですが、近寄れば、繊細、可憐な佇まいでした。北海道~九州とサハリンの山地の日当たりの良い草原等に生育する、高さ1-1.5m程の多年草です。根茎は太く横に這い、茎、葉共に細毛がありざらつきます。葉は互生し短柄があり、長楕円~皮針状線形で、両端が尖り、洋紙質で粗い鋸歯があります。9-10月、茎先に大きな散房状の花序を作り、径約15㎜の小さな頭花を多数付けます。舌状花は雌性、白色で多数、筒状花は両性、黄色で、共に冠毛があります。総苞は長さ3-3.5㎜で多毛。痩果は長楕円形で、白色の冠毛が付きます。青葉山では、草原等に普通に見られます・・・
ゴマナ イヌタデの原
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルタケ(鶴茸) | メイン | オヤリハグマ(御槍白熊) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4009-80685dd3

| メイン |
ゆきかえる