FC2ブログ
>
ヤマドリ(山鳥)
2017/11/19(Sun)
 きょうは曇り時々晴れて、一時雪が降りました。初雪でした(1.1~6.9℃)。
 何時もの道沿いで、ヤマドリ(キジ科)に逢いました。「火の鳥」にも見える雄で、藪中でグルグル言いなが何かを食べていましたが、こちらに気付くと親しげに近寄って来て、暫し心を通わせました。日本固有種で、本州~九州に分布し、本亜種ヤマドリの他、コシジロヤマドリ、シコクヤマドリ、アカヤマドリ、ウスアカヤマドリの5亜種があります。本亜種ヤマドリは、全長雄125cm、雌55cmで、雄は全身が赤褐色で尾は1m程にもなり、灰白色で黒と赤褐色の横帯があり、眼の周囲は赤い皮膚が裸出します。雌は赤味は薄く、尾は短。食性は植物食傾向の強い雑食。一夫多妻とされてきましたが、最近一夫一妻であることが判明。鳴くのは稀ですが、雄は翼を打ち鳴らして(幌打ち)求愛します。青葉山では、谷筋等の藪地で一年中普通に見られ、母衣打ちの音も良く聞かれます・・・
ヤマドリ 三居沢源流の池
スポンサーサイト



この記事のURL | 野鳥 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノハラアザミ(野原薊)とナミハナアブ(並花虻) | メイン | アブラツツジ(油躑躅)の紅葉>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4055-c44f0aa1

| メイン |
ゆきかえる