FC2ブログ
>
イワガラミ(岩絡)  
2008/06/22(Sun)
 今朝は霧雨や小雨が降りましたが、すぐに上がって曇りの一日でした。
 道端の松に絡まるイワガラミ(ユキノシタ科)に、花が咲いていました。紫陽花にも似た真白い花が、幹を駆け上り天まで届いている様で、するする伝って行きたくなりました。白い花に見えるものは萼片(装飾花)で、それに取り囲まれた真の花(両性花)は、まだ蕾でした。本州~九州の他、朝鮮等の、山地の林縁等に生育する木本性落葉蔓植物です。名の通り、岩や樹木に這い登り、多数の気根を出して付着します。葉は、裏面が緑白色なのが特徴ですが、若葉や若芽は山菜として食され、微かな胡瓜の香りがあって美味です・・・
  東西線工事予定地で育っているオオタカのヒナですが、今朝は霧雨の中、一羽(写真右)は元気に見えましたが、もう一羽(左)は一瞬起き上った後へたり込んで身動きしなくなりました。弱っている様で、心配です・・・
イワガラミ オオタカの二羽の雛
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ヒツジグサ(未草) | メイン | スイカズラ(忍冬) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/408-12fefb93

| メイン |
ゆきかえる