FC2ブログ
>
2018年・元旦
2018/01/01(Mon)
            新しい年が、静かに明けました
  昨年青葉山は、東北大学移転工事が益々進み、山上にビルが林立(生態系の帯が分断)。松枯れや楢枯れやよる森の荒廃も進み、自然へと遷移しつつあった追廻地区は全面的に破壊され、五色沼や長沼も全面改修され、希少な自然植生が又数多く失われました。それと共に、カラス類が急速且異常に増殖し、イノシシは完全定着・繁殖し、希少種群生地を"ぬた場"や採食地にする等して破壊、東西線工事により消えたオオタカは戻らず、一昨冬の"藪刈り"で失われた希少種群落も未だ復活せず、生態系分断と劣化が一層進みました。
  と言っても、「何処までも連続した"緑の帯"」や、人を寄せ付けぬ「変化に富む地形」等の基本要素は健在で、タンザワサカネラン等に代表される無数の希少種を含む、多くの貴重な”自然”が保たれ、昨年末には新たに、希少種ミズラモグラの生息も確認され、当地の自然度の高さや貴重さが再確認された年ともなりました。
  今年も、こんな厳しい状況は続きそうですが、青葉山の素晴らしい自然を未来に繋ぐ為、日々地道な活動を続けて行きたいものです。又、これ以上の破壊が進まず、残された「命の環」を護るためにも、致命的な破壊を齎す「都市計画道路・川内-旗立線」計画が決して実行される事等無き様に訴え続けましょう。
     2018年が、皆さんにとっても、青葉山とここに暮らす全ての生物達にとっても
           素晴らしい年になりますように、心よりお祈り申し上げます
                  青葉山(三居沢)からの初日の出
スポンサーサイト



この記事のURL | 元旦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ノスリ(鵟) | メイン | アカシデメムレマツカサフシ(赤紙垂芽群松笠附子・赤四手芽松毬五倍子)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4098-bfd1b5b7

| メイン |
ゆきかえる