>
ユズリハ(楪、交譲木、譲葉)の冬芽
2018/02/17(Sat)
  きょうは、風が強く雪が断続的に降り、少し積もったり融けたりを繰り返しました(-3.2~4.6℃/西北西風)。
  道沿いに、ユズリハ(ユズリハ科)がありました。雪や風にも負けず、真赤な葉柄と芽が燦々と輝く、「ユズ君」の様でした(仙台っ子オリンピック二連覇、金メダル獲得記念^0^)/。朝鮮、中国等に分布し、日本では、東北南部~沖縄の山地に生育する、高さ10m程の常緑高木です。雌雄異株。葉は長さ20cm程で、枝先に螺旋状に付きます。5-6月に、葉腋から総状花序を出し、花被の無い黄緑色の小花を咲かせます。10-11月に、黒褐色の果実を熟します。青葉山では、あちこちに小・中木が見られます・・・
ユズ君 五色沼の近くで
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<高圧送電線下の樹木剪定 | メイン | オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4146-881fd427

| メイン |
ゆきかえる