FC2ブログ
>
高圧送電線下の樹木剪定
2018/02/18(Sun)
 今、三居沢~理学部、~放山に張られた高圧送電線の下で、樹木の剪定作業が行われています。当会発足当初から、東北電力との話し合いで、大規模な一時の伐採は控えるべきとの合意により、定期的に上部剪定をし、それも電線に触れぬ程度にと、お願いしてきました。当初は「4年に一度」との事で、殆ど違和感のない剪定でしたが、最近は伐採量も増え、木々の主幹が低くなってきていました。今回は、昨年7/24に説明を受け、10/25と、先日2/15には現地で東北電力や工事関係者の方々との立ち合いの下、「剪定は最小限にする事、希少植生に十分配慮しながら作業する事」等を要望し、その方向で行われる事となりました。作業は今週一杯行われますが、本日の確認では、基本、上部に伸びる若枝のみの剪定となっており、剪定した枝も、他所に影響がないように、以前に積んだ伐採枝上に置かれています。勿論安全が第一ですが、作業終了後に改めて希少植生の状態を確認したいと思います。理想としては、高圧線そのものを移転や廃止できれば良いのですが・・・
入口看板 伐採の状態 若枝のみ伐る
スポンサーサイト



この記事のURL | 諸問題 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マヒワ(真鶸) | メイン | ユズリハ(楪、交譲木、譲葉)の冬芽 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4148-f9939e1a

| メイン |
ゆきかえる