FC2ブログ
>
アブラゼミ(油蝉)
2007/07/25(Wed)
 きょうは朝から良く晴れて、暑くなりました(28.5℃)。
 只、早朝には青空一杯に鱗雲が広がって初秋の様な爽やかさでした。そんな空の下、樅の大木には、今にも鳴き出しそうなアブラゼミ(セミ科)が止っていて、夏と秋が同居している様でしたよ。北海道~九州と朝鮮半島~中国北部の人里から山地まで広く分布し、街中でも声を聞くことができます。桜や梨等バラ科樹木に多く、成虫も幼虫も幹に口吻を差しこんで樹液を吸うので、果樹園の害虫にもされるのだとか。でも、この蝉も幼虫は6年間地中にいて、7年目に羽化して、成虫の寿命は約2週間だけ!です。名は、ジージーッと言う鳴声に、「油で揚げる様な」と形容される(暑さを増幅する)響きがある事に由来しますが、翅も油紙の様ですよね・・・
油蝉

スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<カジカガエル(河鹿蛙) | メイン | キハギ(木萩)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/42-c8b20eed

香りヤマナシ(青ナシ)
丁寧な梱包文句無し、五星です。有難う御座いました。・果樹園はどうかいなぁ?・~本日テレビ出演!!~ 今日の朝9時55分からTNCテレビ「ももち浜 ...・新川地区の梨・畑の中に果樹園・余市はいいところ。・リフレの旅・ここはのどかでい~よ~・第四章 第二節 道の確定と …
2007/08/18 10:50  果樹の厳選紹介
| メイン |
ゆきかえる