FC2ブログ
>
ウメモドキ(梅擬)の雄花 
2008/07/05(Sat)
きょうは晴れ後曇って、午後は雨が降ったり止んだりでした。
 森の湿地の縁で、ウメモドキ(モチノキ科)が咲いていました。薄紅の花弁に黄色い葯がマッチした、無数の花が今にも零れ落ちそうに咲き群れていました。雌雄異株で、秋に生る赤い果実(勿論雌株)ばかり持て囃されますが、花期には、地味な雌株より断然この雄株が美しくて目立ちます。本州~九州の山地の、主に湿り気のある場所に生育する落葉低木です。葉の両面に短毛が生えますが、毛が無いものをイヌウメモドキとして区別する見方があり、これは西日本に多い様ですね・・・
  東西線工事予定地のヒナ達(オオタカ)は、きょうも二羽共、何とか元気に順調に育っている様でしたよ・・・
ウメモドキ きょうのヒナ達 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ウスタビガ(薄手火蛾・薄足袋蛾)の幼虫 | メイン | ゲンジボタル(源氏蛍)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/422-d1494446

| メイン |
ゆきかえる