FC2ブログ
>
ミズキ(水木)の花
2018/05/11(Fri)
  きょうは、良く晴れました(5.6~24.3℃/西北西風)。
   道沿いで、ミズキ(ミズキ科)が咲いていました。何処からでも白い花波が目立ちますが、近寄ると小花の星形が美しく、香りもとも爽やかでした。北海道~九州の他、朝鮮、中国~ヒマラヤ等の、渓谷周辺等水分条件の良い所に生育する、樹高10-15mの落葉高木です。枝を扇状に四方に広げるのが特徴で、若枝は紫紅色で、葉は広卵~楕円形の全縁で先は尖り、互生して長さ2-5cmの葉柄があります。5-6月、新枝の先に多数の白色4弁の小花を散房花序に付けます。果実(核果)は球形で紫黒色。鱗芽は長さ7-10㎜の長卵~楕円形、芽鱗は5-8個で、濃紅紫色、光沢があり表面は無毛で縁に毛。葉痕は半円形又はV字で維管束痕は3個。青葉山では、斜面等に普通に見られます・・・
ミズキ 青葉山~蔵王
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マイヅルソウ(舞鶴草) | メイン | サラサドウダン(更紗灯台・更紗満天星)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4232-1a2da7ab

| メイン |
ゆきかえる