FC2ブログ
>
五月観(視)察会
2018/05/14(Mon)
  きょうは、定例観(視)察会(14.8~18.7℃/南南東風)。一時小雨がぱらついたものの、ほぼ曇りの穏やかな会となりました。トチノキやフジ、ムラサキケマン、カキドオシ、オドリコソウ等観察しながら森に入ると、滴る新緑の何処からともなく、恐らく、フジやミズキ等の花が混じり合ったえもいわれぬ香りが漂います。ハウチワカエデは赤花を翼果に変え、コハウチワは未だ黄花を垂らし、ヤブデマリやホオノキ、サワフタギ、ケカマツカ、ミズキ等の白い花が目立ちます。希少種のアブラツツジやサラサドウダン、黄型や薄紅型のツクバネウツギ、トリガタハンショウヅルが愛らしい姿を見せ、道行く所、遥か遠来のキビタキやセンダイムシクイが盛んに囀っています。水溜りには、トウホクサンショウウオの卵や幼生の他、今日の配布資料で取り上げたツチガエル(準絶滅危惧)がしっかり姿を見せてくれて、皆で歓声を上げました。今年は季節の移ろいが殊に早く、ヤマツツジは大分萎れていましたが、道端には仙台の代表花ヒメシャガ(準絶滅危惧)が何時になく数多く咲き群れ、ルリソウ(絶滅危惧Ⅱ類)も林床を瑠璃や桃に染めていました。蘭では、ササバギンラン(絶滅危惧Ⅱ類)やギンラン(絶滅危惧Ⅱ類)には出会えましたが、キンラン(絶滅危惧Ⅰ類)を含めて藪刈り前の自生地での確認はできず、毎年あれだけ見られたユウシュンラン(絶滅危惧Ⅱ類)も、今年は一株、一輪も確認できず、とても不安になりました・・・
ミツバツチグリ ミズキ ツチガエル 花の森で
 花では他に、マイヅルソウの大群落の他、ギンリョウソウ、タニウツギ、ウメガサソウ、キランソウ、ツクバキンモンソウ、ツリバナ、ニシキギ、イカリソウ、ニガイチゴ、シュンラン、ヤマグワ、ウスノキ、ミツバウツギ、マルバアオダモ、ヒメコウゾ、ツボスミレ、エゾタンポポ、セイヨウタンポポ、ミツバツチグリ、アオキ、シナノタイゲキ、ナツトウダイ、クヌギ、サルトリイバラ、タチシオデ、ジシバリ、オニタビラコ、マムシグサ、ハルジオン、オトコヨウゾメ、スズメノヤリ、クサノオウ、クリンソウ、キュウリグサ、スイバ、カリン等が見られました。野鳥では、藪で盛んに鳴くウグイス、沢で高らかに囀るオオルリの他、ホトトギス、アオゲラ、メジロ、シジュウカラ、エナガ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ツバメ、イワツバメ、トビ等が見られましたが、誰よりも大声で鳴く外来種ガビチョウには気が滅入りました。動物では、ヤマアカガエルやカモシカ痕跡、テンの糞等。昆虫では、コミスジやキタキチョウ、シャクガの仲間等が飛んでいました。キノコでは、見事なヒラタケの群生、センボンクヌギタケ、マツオウジ、粘菌の仲間等が見られました。きょうは、爽やかな新緑の森で、数多くの花や生き物達に出会い、喜びの一時となりましたが、様々に、心配の種も増えました。できる限り一木一草、注意深く観続けて行きたいものです…
ヒラタケ ルリソウ 新緑の森で ヒメシャガ
 来月は、エゴノキの花の香漂う森の中、キビタキ、ホトトギス等の声を聞きながら、ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)等の花々、モミジイチゴ、ヤマグワ等の果実を楽しみます。又、必ずや素敵な出会いがあることでしょう・・・ 
スポンサーサイト



この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ササバギンラン(笹葉銀蘭) ) | メイン | マイヅルソウ(舞鶴草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4234-f449bad7

| メイン |
ゆきかえる