FC2ブログ
>
オオハナウド(大花独活)
2018/05/18(Fri)
    きょうは、朝は雷雨で、一日中小雨や霧雨が降ったり止んだりでした(11.8~17.8℃/南東7風)。
    道沿いに、オオハナウド(セリ科ハナウド属)が咲いていました。薄暗い森に白々と、道行灯の様に路傍を照らしていました。路傍北海道~近畿所々で見られます…の、高山~山地の湿った場所等に生育する茎高1.5-2mの多年草で、時に大群落となります。茎は太く中空で、節に密毛を出し、直立して上部は分枝します。根出葉や茎下方の葉は長柄を持ち、3出葉で5小葉を出し、小葉には鋭い裂片や鋸歯があ持ちり、葉は稀に羽状にな稀ります。5-9月、茎頂に大型の複散形花序を付け付けます。花は白い5弁花で、花序の中央部と周辺部の花弁の形は異なり、周辺部の外側の1花弁が大きく、2深裂し、左右相称花となります。果実は倒卵形。別名は、ウラゲハナウド。青葉山では、林下の所々で見られます・・・
オオハナウド 大橋から
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キショウブ(黄菖蒲) | メイン | ハリエンジュ(針槐) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4239-5d71b16d

| メイン |
ゆきかえる