FC2ブログ
>
カキラン(柿蘭) 咲き出す
2008/07/07(Mon)
きょうは、一日薄曇りでした。
 森の湿地で、今年もカキラン(ラン科)が咲き出していました。名の通りの柿色の、和風な趣きの花に覗く唇弁の、鮮やかな赤紫が目に染みる様です。北海道~九州の他、ウスリー、朝鮮、中国東北部等の、日当たりの良い湿地周辺等に生育する多年草です。蘭の中では地味な方だと言うのに、盗掘等で激減しています(県レッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(VU))。青葉山でも、嘗ては沢山の花が見られましたが、大分減って来ました。いつまでも身近な蘭のままであって欲しいと、願うばかりです・・・
 地下鉄東西線工事予定地の二羽のヒナ達(オオタカ)は、きょうも元気で、目付きも随分鋭くなって来ましたよ・・・
カキラン オオタカのヒナ達 
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クマノミズキ(熊野水木) | メイン | ウスタビガ(薄手火蛾・薄足袋蛾)の幼虫>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/425-7c8a87dc

| メイン |
ゆきかえる