FC2ブログ
>
カワゲラ(川螻蛄・襀翅)
2018/05/31(Thu)
 きょうは、大体曇りました(16.5~22.0℃/南風)。
 川沿いの道に、カワゲラ(カワゲラ科)がいました。漆黒の体に、鼈甲色のマントがとても粋でした。北海道~九州の山地~平地の渓流沿い等に生息する、体長 ♂20-25㎜㎜♀25-28㎜のカワゲラの代表種です。成虫は5-8月に出現し、頭部・胸部は黒く翅は褐色、脚は体節は黒く脛節から先は黄褐色で、渓流近くの外灯にも良く飛来します。 幼虫は 流水中の石下等に棲み、水生昆虫の幼虫等を食べます。不完全変態。別名はカミムラカワゲラ。ウエノカワゲラと酷似し、外見で見分けるのはほぼ不可能(交尾器等で判別)。青葉山では、川沿い等で普通に見られます…
カワゲラ 夕暮れの町
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<エゴノキ(売子木・斉ご木) | メイン | キンラン(金蘭) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4252-d9f03138

| メイン |
ゆきかえる