FC2ブログ
>
ヘラクヌギカメムシ((箆橡亀虫)
2018/06/11(Mon)
  きょうも、一日中雨が降りました(19.8~28.6℃/北風)。
  昨日の観察会でも見られましたが、林縁の草上に、ヘラクヌギカメムシ((箆橡亀虫)と思われる亀虫がいました。雨に濡れながら、頭や肩の黄緑の輝きを増していました。中国北部、朝鮮、サハリン、クリル等に分布し、日本では北海道~九州の山地~低地の林内に生息するクヌギカメムシ科の仲間です。成虫は6-11月に出現し、体長11-13㎜㎜で、緑色で長い触角を持ち、晩秋になると赤変する個体も見られます。♂の生殖節中央突起は、名の通りの箆状を呈します。幼虫の食樹はクヌギ,コナラ,カシワ等。別名ニセクヌギカメムシ。クヌギカメムシと似ていますが、こちらの気門は黒。サジクヌギカメムシは特にクヌギに集まり個体数も少なく、♂の生殖器の形等で識別しますが、両者共形態、生態共に酷似していて、体表面からのみの識別は難しいようですね・・・
ヘラクヌギカメムシ 雨の檜林
スポンサーサイト



この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マタタビ(木天蓼) | メイン | 六月観(視)察会 >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4263-43028029

| メイン |
ゆきかえる