FC2ブログ
>
オカトラノオ(丘虎の尾)
2018/07/01(Sun)
  きょうは良く晴れて、とても暑くなりました(23.5~32.3℃/南東風)。
  草原に、オカトラノオ(ヤブコウジ科)が咲いていました。未だ短めのものも多いのですが、それでも、原一杯に群れる真白い花穂は、猛暑の下でも清涼の風を吹かせていました。北海道~九州の他、朝鮮、中国等の山野の日当たりの良い草原等に生育する、高さ50-100cmの多年草です。茎は立ち上がり、地下茎を伸ばして群生します。長楕円形で全縁の葉は茎に互生し、葉柄があります。6-7月に、茎先に白い小花を総状に付け、下方から開花して行きます。花冠は径1㎝程で、深く5裂します。青葉山では、林縁等のあちこちに普通に見られます・・・
オカトラノオ 檜林も涼しい
スポンサーサイト



この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<タンザワサカネラン(丹沢逆根蘭) | メイン | ムラサキシキブ(紫式部)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4283-acebf942

| メイン |
ゆきかえる