>
ヤマユリ(山百合)
2018/07/06(Fri)
  きょうは曇って、時々小雨、霧雨が降りました(20.3~26.9℃/南東風)。
  道沿いに、ヤマユリ(ユリ科)が咲き始めていました。森の道行く所、真白く大きな花が、霧に濡れながら芳香を放っていました。日本固有種で、本州の東北~近畿の山地の林縁や草地に生育する、草丈1-1.5mの多年草です。茎は地下の鱗茎から出て、長さ10-15cmの披針形で短柄のある葉を付けます。7-8月、茎先に20㎝近い大きな花を1-10個程咲かせます。花は茎に対して横向きに開き、花被片は白く中央に黄色い筋が入り、赤褐色の斑点が多数あり、強い芳香があります。発芽から開花までには少なくとも5年以上かかり、又株が古い程多くの花を付けます。青葉山では林内外に見られます・・・
ヤマユリ 流れ寄る式部
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ツルアリドオシ(蔓蟻通し)の花 | メイン | キイトトンボ(黄糸蜻蛉) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4289-c3ecd5c7

| メイン |
ゆきかえる