>
七月観(視)察会
2018/07/08(Sun)
 きょうは生憎朝から雨でしたが、開始頃には小止みになって、とても穏やかな観(視)察会になりました(19.4~23.2℃/東風)。
  近況報告や、コースの説明等があった後早速の出発です。杉の頂でホオジロが囀り、カワラヒワの群れが騒がしく、空をツバメが飛び交っています。植栽のノウゼンカズラや池のスイレンを眺め、ヒメコウゾの実の甘味を確認、ネムノキの花の作りや、蝶庭のカナヘビや幼虫等を観察しながら森に向かいます。紙垂や楓の下にはギンリョウソウが貌を出し、道を行けばハエドクソウが可憐な花を魅せ、あちこちにバイカツツジが咲いたり花を落としたりしています。山はこんな白花が目立ち、オカトラノオ、リョウブ、ノリウツギ、オオバジャノヒゲ等が数多く咲いていました。森の中は、ニイニイゼミ等の蝉時雨に、キビタキの囀り、頭上ではホトトギスが高らかに鳴いています。例年より殆どの花期が早く、百合の女王ヤマユリが大花を揺らし、クルマユリも、今にも綻びそうになっていました。ブナは無数に実を生して、中身も充実していて、今季の豊作=熊の安寧を期待させました。ウマノミツバとミツバ、キツネノボタンとケキツネノボタン等、ムカデとヤスデ、オバボタルと他の蛍を比較したり、ニガイチゴやコウスノキの味見をしたりもしました。暗い森に燦然と立ち尽くすオニノヤガラにも出会い、皆で歓声を上げました・・・
ヤマユリ 蝶庭にいたカナゲッチョ ほら、あそこに! ブナの実が一杯!
 花では他にクモキリソウ、スイカズラ、ネズミモチ、ツルアリドオシ、ミヤマタムラソウ、ヤマノイモ、オニドコロ、イタドリ、ノギラン、コマツナギ、クリ、クマノミズキ、エゾアジサイ、チダケサシ、ヒメジョオン、ヒヨドリバナ、ドクダミ、シロツメクサ、ムラサキツメクサ、オオハンゴンソウ等が見られました。果実では他にツリバナ、ツクバネ、エゴノキ、キブシ、サルトリイバラ、ナツハゼ、マイヅルソウ、マムシグサ、ミヤマガマズミ、ヤマグワ、ネジキ、サワフタギ、トチノキ等が生っていました。キノコではチシオハツ、ドクベニタケ、ニガクリタケ、ヒトクチタケ、ヒメカバイロタケ、フサヒメホウキタケに、流れかかったウスヒラタケ等が見られました。野鳥では、他にアオゲラ?、コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、トビ、イワツバメ、スズメ、ガビチョウに、解散後に出現のサンコウチョウ、メジロと思われる卵等が確認されました。動物では、?跳び出すヤマアカガエル等の他、テンやキツネ?の糞やリスの食痕、カモシカ、ツキノワグマの痕跡があちこちで見られました。昆虫では、道を横切るマガタマハンミョウ、ヨツスジハナカミキリ、ゴミムシの仲間、ヒメコウゾの実にいたヤマトシリアゲ、葉上にいたミカドフキバッタやツユムシの幼虫、スイカズラにいたオビガの赤毛虫、ナンテンにいたアシグロツユムシ幼虫、ツルリンドウにいたタケカレハ幼虫等、様々な毛虫、芋虫、クモではイシサワオニグモにも出会いました。きょうは霧雨もありましたが、少し長めの観察となり、夫々に様々な出会いがありましたね・・・
  尚、今日も道々に目立った、松枯対策後に積み上げられた丸太の処理について、自然保護と景観確保を第一として、幾つかの解決案を市に近々提出することになりました。大規模開発が進む中でも、木目細かな自然保護施策が必要な時と感じます…
オバボタル 霧に煙る街 緑の森の下で オニノヤガラ 
  来月(8/12)は会としてはお休みですが、私的には調査・確認を主に歩く予定です・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | 観(視)察会 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<クリ(栗)の花 | メイン | ツルアリドオシ(蔓蟻通し)の花>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4291-84b34db8

| メイン |
ゆきかえる