>
クロアゲハ(黒揚羽)
2018/07/11(Wed)
  きょうは、晴れ後曇って一時雨が降り、後上がりました(22.9~31.4℃/西風)。
  道端に、クロアゲハ(アゲハチョウ科)がいました。笹薮下の葉や土に美味しいものでもあるのか、時折白帯を見せながら、盛んに吸水していました。中国~ヒマラヤ等に広く分布し、日本では本州~沖縄の山地~都市近郊に生息する、前翅長45-70mmのアゲハチョウの仲間です。成虫は4-8月に年2-4回発生し、翅の表裏共黒く、前翅は黒~灰色の模様があり、裏面には後翅外縁に赤斑が並びます。雄には後翅前縁に白い帯が見られ、次第に黄味を帯びます。暗い樹林内も、良く飛びます。幼虫はナミアゲハと似ていますが、やや茶色味が強く、食草はサンショウ、カラスザンショウ、ミヤマシキミ、カラタチ、ユズ、ミカン等。蛹で越冬します。青葉山では、吸蜜・吸水する姿が普通に見られます・・・
クロアゲハ 日没の三色
スポンサーサイト
この記事のURL | 昆虫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オニノヤガラ(鬼の矢柄) | メイン | クモキリソウ(雲切草) >>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://aobaten.blog109.fc2.com/tb.php/4294-fdf4c2b9

| メイン |
ゆきかえる